ぷらぷらドフス日記

MMORPG DOFUSのプレイ日記その他です。purapuraしてます。buraburaしてません。

箱開け。

ここのところセルカばかりにかまけて、レコンが寂しそうにしているので(棒読み)
ひとりアマクナ「箱」探訪ツアーにでかけてきたのです。




RPGといえば隠し通路、隠しマップは欠かせないと思います。
そんなお約束に漏れず、ドフスには、いろいろと隠されたところに通路やらマップがあったりします。
同盟クエでしか行かないようなところや、まるっきり何なのかわからない場所まで様々。
そして、その中のいくつかは「隠し通路の先に宝箱」というお約束を踏襲しています。

今回はその中でも、あまり知名度が高くないんじゃないかなと思う3箱をピックアップしてお届け。
ダークパン屋・鍛冶師の宝地図のも付けようかと思ったけど、めんどいので省略です。アレは知名度高いしねー。




1:邪悪の森のコワイワルイ箱、そのいち。

ヴラドさんちに行く途中、なんか隔離マップに箱がいるのを見たことがある人は多いと思います。
どうやって行くんだろうと思いつつ、迷路で面倒になってそのままヴラド倒して帰った頃には忘れてる。
だいたいそんな扱いの箱だと思います。

邪悪の森自体の歩き方に関しては、みんな大好きWikiaさんちにたいへん明快な地図があるので見ておくれ。
http://dofuswiki.wikia.com/wiki/The_Evil_Forest

これを参考に[0,21]まで行ったら、右下から[0,22]へ。

ヴラド箱1_1

[0,22]はマップ内ワープポイントがあって、実質マップ内が5つの島に分かれています。
ワープは一方通行なので、無駄にぐるぐるせずに次のマップへのワープへ行きましょう。

ヴラド箱1_2

あとは一方通行。

ヴラド箱1_3

箱たま。
ダイヤをはじめとした原石、あと中級鉱石なんかを一個ずつ持ってます。
ダイヤスクロがあった頃なら、ヴラド周回ついでにちょっと稼ぐーとかできたものですが
今やほとんど無価値な子となってしまいました。
ま、こういうのは実利を求めて行くところではないと個人的には思います。




2:邪悪の森のコワイワルイ箱、そのに。

別の場所にもーいっこ。こちらは↑と違って単純明快。

ヴラド箱2_1

ワープを一回くぐるだけ。

ヴラド箱2_2

ヴラド最短ルートから2マップくらい外れるだけで行けるので、ついでに行くのも楽々です。
もちろん箱のドロップは↑と同じでお察しでございます。。。




3:ダークツリッターの森の箱。

様子を見る限り、「知る人はきっちり知っているが周りは知らない」、自分で調べた人のみが知っている系箱です。

ツリッター箱入り口

ダークツリッターの森右下[-9,-10]のマップの狭っ苦しいところが入り口。
入るのに特別な条件は必要ありません。

ツリッター箱マップ

中はこんな感じ。残念ながら今日は箱がいなかったようです。

どんな箱かといいますと、こんなの。

http://dofuswiki.wikia.com/wiki/Dark_Chest

Lv80未満くらいだと単独で行くと返り討ちにされるかもしれない、そこそこのHPと攻撃力を誇る箱です。
そして基礎ドロップ率30%で活力パワフル巻物をドロップするという、なかなかのおいしさ。

リポップが二日か三日くらいじゃないかーと言われており、今まで俺がお目にかかったことがあるのが一度だけなので
おそらくここを知る何人かは、今もちょこちょこ見に来ては箱を狩っているものと思われます。
というわけで公表してしまったことで競争率が上がると思いますが、チェックしてる人がんばれ。超がんばれ。



しかりヴラドさんってこんなにスリム体型だったっけなあ…。

骨ヴラド
スポンサーサイト
  1. 2012/09/26(水) 08:37:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<刷新と別れと。 | ホーム | 極・ひとりじょうず。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://reconnu.blog.fc2.com/tb.php/46-af9c4c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

れこんぬ

Author:れこんぬ
とりあえずドフスやろか^^

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記 (191)
ドフスひとりじょうず (40)
アップデート情報 (41)
同盟関連 (2)
キャラ語り (5)
昔語り (5)
役立ちそう系 (9)
やりたいこと、できたこと (2)
別ゲー (7)
アニメSAOのレコン (8)
あんまり関係ない話 (6)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示