FC2ブログ

ぷらぷらドフス日記

MMORPG DOFUSのプレイ日記その他です。purapuraしてます。buraburaしてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伝説となれ。

おうお前ら、MMORPGのエンドコンテンツといったら何だ?
そうさ、対人だよ!コロッシュウムやれお前ら!


と言わんばかりに実装されましたアップデート2.48 "Kolossium Leagues"。
これにより、既存のコロッシュウムに「リーグ」という追加要素が実装されました。
なんか抜本的に変わったように見えますが、実際のところコロッシュウムとしての(プレイヤーから見た)システムにほぼ変更はなく
ただリーグシステムが追加で付け加えられた形になっています。

というわけで、改めてコロッシュウムのシステムからおさらいから参りましょう。





コロッシュウムはレベル10から参加できる、現在のドフスにおける主流の対人システムです。
人数は3対3もしくは1対1のどちらかを任意で選ぶことができ、3対3の場合は更に事前にチームを組んでの登録も可能です。
ショートカットアイコンもしくはキーボードショートカット(デフォルトK)で開いたインターフェースからワンプッシュで登録が可能、
全サーバーで登録しているプレイヤー同士で自動でマッチングが行われ、戦闘が始まります。
これにより、いつでもどこからでも登録・参加が可能になります。
戦闘の勝者には経験値とカマ、そしてコロッシュウム・コインという特殊通貨が報酬として与えられます。
このコインでしか購入できないアイテムは多く、専用の装備素材やマウンティリエなど価値の高いものが揃っています。

とかいう教科書じみた説明を添えつつ。

既存のシステムとして今回説明しておく必要がある部分がレーティングシステムです。
ゲーム内では「評点」と書かれる、ざっくり言えば勝てば上がって負ければ下がるポイントです。
基準値はレベル*20となっているので、レベル200であれば評点4000を超えていれば平均以上だ、ということに(一応)なります。
コロッシュウムのマッチングはこの評点を参照して組まれており、時間が経つほど評点の離れたプレイヤーとマッチングするようです。

コロッシュウムに一度も参加したことのないプレイヤーは基準値を評点としてマッチングが組まれるため、実力の離れた相手とマッチングする機会が多いです。
また試合数が少ないうちは一試合での評点の上下幅がそれ以降に比べてかなり大きくなっています。
このため、ある程度システム的に均整の取れた試合をしたい場合、まずそれなりの回数コロッシュウムで戦闘を行う必要があります。

つまるところ評点とは「統計的にそのプレイヤーの対人戦闘能力の高さを示す値」ということになります。
但しそれは公式サイトのランキングでのみわかる、限定的で自己満足要素の強い性質を持つものでした。
(一応評点が上がれば勝利報酬も増えますが、勝利機会との兼ね合いの関係上高すぎる評点は報酬目当てだと逆効果になり得ます)





以上を踏まえて、今回追加されたリーグシステムに関しての説明。
簡単に言うと評点が「強さ」を表すのに対してリーグは「やりこみ度合い」を表す指標です。

リーグ一覧

コロッシュウムプレイヤーはブロンズ~レジェンドまで6種類、全41段階いずれかのリーグにランクインすることになります。
ブロンズ~ゴールドは10段階ずつ、クリスタルとダイヤが5段階ずつ、レジェンドは1段階という内訳です。

金9リーグ認定

コロッシュウムで10戦すると、このようなインターフェースが表示されて最初のリーグにランクインします。
これは10戦が終わった時点での評点を参照して、上の表にあるポイントの範囲で設定されます。
自分は5勝5敗の評点4385で設定されたため、ゴールド9(4301~4400)にランクインしました。

リーグ1戦後

上位のリーグにランクインするためには更にコロッシュウムの戦闘で勝利し、リーグポイントを貯める必要があります。
リーグポイントは最大100で、100に達するとひとつ上のリーグにランクインします。
基本値は勝利で15ポイント、敗退で5ポイント(らしい)ですが、上位リーグに行くにつれてポイントが増減するようです。
(画像の通りゴールド9で1勝したら20ポイントもらえた理由はよくわかりません、たぶんシステムの初期不良でしょう)

ここで大事になってくるのがどれだけ負けても下位リーグに降格はしないことです。
どれだけ負けようと、何戦かを一定確率以上の勝率で戦闘ができたら上位リーグに上がることができるのです。
これがリーグを「やりこみ度合い」と表現した理由になります。
少しの対処と運を戦闘回数で勝ち抜いたプレイヤーが上位リーグに立つことができる、そういうコンテンツです。

また評点と異なる点として、ゲーム内でリーグを誇示できる点があります。
リーグごとに6種類のオーナメントを入手でき、また同じくリーグに応じて外見の変化する盾(コロッシュウム・コインで購入可)も存在します。
評点と違って(プレイヤーが表示しておけば)パッと見でわかるアバター要素というのは、一定のモチベーションになるでしょう。





正直対人は苦手だけど、新コンテンツだし軽率に手を出すかーと思って用意した装備が

QoFクリ2過剰

とりあえず火力以外のステを切ってクリティカルを2過剰して

クリティカル100%セット2_48

確実にクリティカルの出る装備セットでした。いつもの。
ペットのステータス変更でククルトちゃんがクリティカル15&クリティカルダメージ40とかいう前のめりなステータスになったのが大きいです。

HP3500未満、耐性は一桁%もあってクリ耐性はマイナス。なんだこの狩り装備?いいえ、違います。
勝てるときは早く勝って負けるときはさっさと死ぬコンセプトの装備です。カードゲームでいうアグロってやつです。
カカシ相手なら1ターン目から4000ダメージ出せます。

敵のクリ耐性つらいです

そしてちょっと対策されるだけでただの愛玩犬に成り下がります。このときの相手のクリティカル耐性は300でした。クゥーン。

そんな奥深い戦闘を楽しみたい敵味方に申し訳なくなるタイプの装備と戦い方で10+1戦してきました。
負けた試合はもちろん勝った試合でも「強いってのは火力だけの話じゃねえんだぞ」「このクソクラが」みたいな言葉を多く戴きました。
すまねえ、それは自分が一番よくわかってるんだっぜ。

ただマッチング運が良かったため、前述の通り5勝5敗でリーグ入り、その後の1戦でも勝ってしまいました。
フレやギルメンが最初の10戦でだいぶ負けてしまったらしくゴールド下位にランクインしており、なんというか申し訳ない限りです。
ひょっとしたら評点が安定しない序盤はクソ装備だとクソ装備相手とマッチングする……?という疑念も持ちましたが保証はしません。
ただ最初の10戦は本当にマッチング運ゲーになるので、逆に言うと少し遊ぶくらいの気持ちで臨んだ方がいい気はします。




と、少しだけ見えてしまいましたが、以下システムのアレな部分に着目した記述になります。

初動に関してひとつ。
現在のコロッシュウムの評点システムには名前は忘れましたが、チェスか何かのレーティングシステムを使っています。
一応の名目としては、対戦回数が少なくてもそれなりの評価によってレーティングが為されるシステムとされています。
が、さすがに最初の10戦でバランスを取るのは如何に優れたシステムといっても不可能です。
するとすぐ前に書いたとおり、ガッチガチの対人装備で臨んで味方のマッチング恵まれなかったフレより
適当装備で味方に恵まれた自分の方が5段階以上も高いリーグに初動設定されるなんて状況が往々にして発生します。
そしてリーグを5つ上げるためには単純計算で35連勝する必要があります。
本気でレジェンドないしはダイヤ程度を目指すプレイヤーならともかく、カジュアルプレイヤーにその戦闘数はかなり厳しいものがあります。

リーグシステムの導入は、カジュアルなプレイヤーにもわかりやすく目に見えるレーティングを作るという意図もあったのではないかと思いますが
初動の運ゲーで大きく格差を作ってしまうのは大きくモチベーションが下がる点になるので、ここはいただけないと思います。
個人的な意見としては10戦猶予を設けず、最初にコロッシュウムの戦闘を行ったときのレベルでリーグ設定で良かったんじゃないか、と。





そしてそもそものリーグシステムの構造についてひとつ。
まず一つ明確にしなくてはいけない点として、どちらも勝ったら上がり、負けたら下がるという点で混同しやすい
評点とリーグポイントですが、この2つに相関性はありません
レジェンドリーグにランクインしてから大量に負け試合を重ね続けた場合、評点1000未満のレジェンドも(システム上)存在し得るわけです。
そして前述の通り、コロッシュウムのマッチングは評点を参照して行われます。

つまり
連敗して評点を下げる→弱い相手に連勝して上位リーグにランクイン→連敗して評点を下げる→……
この繰り返しでリーグを比較的簡単に上げることが可能です。
もちろん時間は大量にかかりますが、高評点帯で連勝するよりはかからないでしょう。
この点においてリーグは「やりこみ度合いを表す」ではなくむしろ「評点と違って強さを表さない」と書いた方が正確といえます。
上のリーグを目指すなら装備も戦術も関係なく、ただ弱い者狩りを続けたら良いのです。

ただこれに関しては勝ち負けにそこまでこだわらないカジュアル対人プレイヤーの参加を促す側面もあるといえばあるといえるので
一概にマイナスだと言う気はないのですが、そうならそうでその点を前面に出した告知を行わないとそうそう新規参戦はないでしょうし
何よりそういうプレイヤーの母数はおそらく少ないので効果は微妙な気がします。
またリーグは期間限定なので、仮に限られた期間内にシステムを読み解いて時間を費やしたプレイヤーが上に立つという意図であるのなら
そのコンテンツ性はいささかオンラインゲーム的であって嫌いではないです。(対人システムとしてそれを導入するのはどうかとは思いますが)




というわけで個人的には総合的にイマイチなシステムに見えてしまうのですが
今回のリーグは試験的なもので次期リーグからはがらっとシステムが変わる可能性はあり、少なくとも徐々に改善されるとは思うので
今後に期待という形でお茶を濁しておこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2018/10/09(火) 18:38:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まえがき | ホーム | さぶすくりぷちょん。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://reconnu.blog.fc2.com/tb.php/332-5dff7f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

れこんぬ

Author:れこんぬ
とりあえずドフスやろか^^

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記 (198)
ドフスひとりじょうず (40)
アップデート情報 (41)
同盟関連 (2)
キャラ語り (5)
昔語り (5)
役立ちそう系 (9)
やりたいこと、できたこと (2)
別ゲー (8)
アニメSAOのレコン (8)
あんまり関係ない話 (6)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。