ぷらぷらドフス日記

MMORPG DOFUSのプレイ日記その他です。purapuraしてます。buraburaしてません。

わたしのたまごさま。

いいところに2匹だけのスタックがいたので、頑張ってメンバー集めまして

たまごさん倒したお

倒して参りました。
水時計の塔エリアの賞金首、起き上がりエッグ。

あれね、なんだかんだEP3の4ダンジョン攻略済みのメンバー集めるのって結構大変ね。
初見☆10、倒すことができてよかったです。

というわけで、適当に情報晒し。
今後の攻略の助けになればと思います。




水時計の塔 賞金首「起き上がりエッグ」[Erotegg] 攻略!
※Ver.2.14時点でのデータです。今後変更があるかもしれません。

○(覚えてる程度の)基本情報
HP 28,000
AP12MP7、APMP耐性各100
地、風が弱点(耐性マイナス)、他属性は20~40%程度の耐性あり(詳しくは生き物ギャラリー参照)
無敵なし

戦闘開始時のバフで味方全員が永続MP-2(確定強制)、
敵味方全員が永続「停滞」状態(プッシュバックで動かない、持ち上げ下ろしは可らしい)

隣接攻撃に対して始動でダメージ2,200軽減(単発でそれ以上のダメージが出る攻撃ならOK)
この軽減効果はバフではなく、隣接攻撃のみに反応する瞬間効果

攻撃は2種類、いずれも単体攻撃、RAは1~4くらい?ともう片方は隣接オンリー、どっちかが侵食50%付き
攻撃属性は地と火で、どちらも1,000~1,800ダメージ、1T1タゲ1回、1T2回制限?
召喚に対するヘイト(召喚を優先して攻撃するAI)はそこまで高くないようだが、たまに召喚優先する時もあった
エッグのターン開始時に範囲?で火1,000~1,500ダメージが入ることがある、条件不明、範囲じゃなくて毒系かも


○PT構成
必須:2マス以上の距離から攻撃できる地・風アタッカー
必須:毎ターン、単体800以上回復できるヒーラー、できれば複数人
いると難易度が一気に下がる:HP高め、他メンバーに比べて地火耐性低めのパンダ
いると楽:最低限HPが3,000あり、できるだけ障害を上げたゼロorサクリorゾバルorイオ
いると楽:MP奪取150↑のクラorエヌorサディ


○装備
剣orダガーor鎌は無意味なので別の武器に
他の雑魚を無視してエッグ対策だけを考えるなら、耐性は地火のみでOK
但し壁役は地火耐性を相対的に低めにしておくと良い(攻撃を集めるため)
MPはできるだけ6確保したい(常時-2がかかり、停滞で動かすことが難しい)


○攻略
壁役;毎ターン、プッシュバック以外の手段で隣接敵から距離をとることができるクラスを
前衛に出し、それを全力で回復しながら他メンバーで遠距離集中砲火するだけの簡単なお仕事
あまり覚えてないけど障害は100くらいあったと思うので、壁役が回避積んでドッジするのは難しそう
エッグは攻撃が終わった後は歩かないっぽいAIのため、壁役が低障害でも、
周りに召喚物などを出して攻撃させると割とそのまま固定できたりする
壁役なしで追いかけっこをしてもいいが、エッグのMP7、こちらはバフなしで最大MP4なので
よほどMPバッファーがいるか、よほど敵の足を削れる要員がいないと厳しい
但しパンダはカルチャム可能なので、マップによってはほぼ完封状態にできるかもしれない




英Wikiaの記述だとHP18,000でダメージ500~800とか書いてあるので、
どうやら2.13あたりで強化されたようです。
とはいえ無敵もないし、EP3の他の賞金首よりはよほど楽な部類かと思います。
見つけたらさくっとドーンしてしまいましょうガハハ。

なお、今回のPT構成は
クラ策士/エカ、フェカ、スチ、スラ、イオ、エニ
でした。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/12(木) 20:56:46|
  2. 役立ちそう系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロボジャナイ。 | ホーム | 氷塊。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://reconnu.blog.fc2.com/tb.php/148-2063ac80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

れこんぬ

Author:れこんぬ
とりあえずドフスやろか^^

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記 (185)
ドフスひとりじょうず (40)
アップデート情報 (41)
同盟関連 (2)
キャラ語り (5)
昔語り (5)
役立ちそう系 (9)
やりたいこと、できたこと (2)
別ゲー (6)
アニメSAOのレコン (8)
あんまり関係ない話 (6)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示