ぷらぷらドフス日記

MMORPG DOFUSのプレイ日記その他です。purapuraしてます。buraburaしてません。

このノロマ野郎。

コリアンダーゾンビ成功!

どやぁ…。




試行(全滅)回数ジャスト10回、コリアンダー(ゾンビ)アチーブ成功しました。
やったぃ☆




戦略としては、意外にも?通常2キャラ攻略時の戦法を徹底追及した形になりました。
懐かしのアチーブ前のコリアンダー攻略記事→ http://reconnu.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

・MP魔術品やらエメターキーを他装備、火力系ペットにする
・武器は弓orステッキ、できればRA6以上のもの(クラゲノコのMPが5のため)
 →策士はエターナルステッキ、クラはいい遠距離武器を持ってないので毒殺をLv6にしておきました
・ini順は策士→クラ
 →策士は整地優先、クラはとにかく遠距離火力でコリアンダーを落としに行きます
・3、6ターン目の巻き戻しは確実に行い、召喚クモは敵初期位置に出す
 →クラが風水装備、クモ召喚が終結のクールと合致するため、コリアンダーが遠い位置のターンで終結を撃てます
・7T目以降、各種移動スキル&ボットを使って左上の小部屋に入る
・小部屋の入り口1マスの部分をうまく活用して敵の足止めをする
 →小部屋の中に入られて→巻き戻して→その次ターンまでにコリアンダーを倒せなかったらまず全滅です

だいたいこんな感じ。
目安として、2回目の巻き戻し時にコリアンダーのHPが半分(5000)は切っていないと厳しい感じでした。




最初のうちは、敵スタックが右下にいる状態でひたすらブーメラン&吸収粘着ゲーになるかと思ったのですが、
意外とその配置、ドラマニータの沈滞を受けやすく、その戦法だと後手後手になってしまうことに。
結局倒せたのは、敵初期位置が右上に固まっているときでした。
但し、策士の初期位置+1以内から、対角ラッパがクラゲノコ・キノグラスを巻き込まずコリアンダーに入る位置。
そういうところで攻撃回数が減ると、火力不足でやられてしまう流れが多かったです。
要するに初期位置運ゲー。




残すは2人組12ターン…。
ぶっちゃけ明らかに火力が足りないので、2.10の終結厳罰強化後に期待しておこうと思います。




ひとりじょうずリスト更新。

◆制覇済み
Lv1~100:グールロー以外
Lv101~150:ブハーブ、白ネズミ、黒ネズミ、ロイヤルブロップ、ミノトロール、
      ロイヤルモス、パンディカゼ、タヌキサン、ティンリル
Lv151~200:キムボー

◆2人組は成功したけど他の未達成アチーブあり(括弧内は未達成アチーブ)
Lv1~100:グールロー(倹約)
Lv101~150:カラス卿(最初)、ロイヤルペングィン(隣接)、ベンパイレーツ(像)、ネズミ卿(がんばれ)
         ロイヤルトフ(最後に、像)、スケンク(電撃戦)

◆他アチーブは成功して撃破したけど2人組はターン超過(括弧内は成功したアチーブ)
Lv101~150:カシワ(自由)
Lv151~200:トット(最初に)、コリアンダー(神秘、ゾンビ)

◆撃破には成功したけどアチーブ成功なし
Lv151~200:ブウォーカー

◆挑戦したけど全滅
Lv151~200:オブサイ、イカ、ウバ富士

◆未挑戦
Lv101~150:クロカブリア、ペキ
Lv151~200:テング、オウガー、コロッソ、N、天空
スポンサーサイト
  1. 2013/02/22(金) 09:11:44|
  2. ドフスひとりじょうず
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もーちょっとクラ2.10β。

「地震かぁ」といえば午後6時

買ったの誰だよ!ありがとうございます!




さて、なにやらコロコインをドップロンと交換できるようになるという追加情報が舞い込み
いよいよもって大幅なゲームバランスの変更が予期される2.10ですが、残念ながら性懲りもなくクラの話です。




基本的に僕は海外アプデ情報はchangelogくらいしか見ておらず、まー細かいことは来てから考えよう派なんですが
何の因果かテストサーバー動画を巡回してしまったので、クラのスキルの追加情報まとめときます。




クラスキル紹介動画
MAJ 2.10 | Les Cras | Modifications des Sorts
http://www.youtube.com/watch?v=19Zwv--2wKg


こちらからわかる数値情報。
基礎ダメージが変更されたのは以下の3スキル。いずれもLv6でのものです。

減速の矢
現状:21-23、crit29-31
2.10:23-25、crit32-34

毒殺の矢
現状:8-9、crit11
2.10:9-10、crit12

厳罰の矢
現状:31-33、crit37-39/bonus32、crit38
2.10:28-30、crit34-36/bonus29*2、crit35*2




基礎ダメージ1~3程度の増減にとどまったようです。
なんつーか、この基礎ダメの変更はよくある「バランス調整」ですね。ええ。

ただまあ、問題は一番下、厳罰の「*2」ですね…。
だいたい前回の記事で予想したとおり、追加効果はあんな感じで正しそうです。

予想外だったのは、終結・厳罰ともに、二段目の基礎ダメ追加量が一段目と同量であること。
そして。



ダナソールベース水クラLv.200 スキル実践動画
Dofus 2.10. Shinjiru Ocra de agua nivel 200. IV HD Cra chan (Server Beta). Expiación test.
http://www.youtube.com/watch?v=thqBxWGn2Vo


バフ状態が見えないのでわかりにくいですが、3Tごとに終結を撃っているこの動画、
7T目の終結ではもう弓マス・パワショは切れているのに、3T目のフルバフ時よりダメージが出ている…つまり





1T目
終結を撃つ(効果なし)
効果a1、効果b1付与

2・3T目
終結クールタイム
効果a1継続中/効果b1継続中

4T目
ターン開始時に効果a1消滅、効果a1'付与/効果b1継続中
終結クール切れ、終結を撃つ(効果2個ぶん基礎ダメにプラス)
効果a2、効果b2付与

5T目
ターン開始時に効果a1'消滅/効果b1継続中/効果a2継続中/効果b2継続中
(4T目に終結を撃たなかった場合、このターンに終結を撃つと、効果b1の1個ぶん基礎ダメにプラス

6T目
効果b1継続中/効果a2継続中/効果b2継続中
(4・5T目に終結を撃たなかった場合、このターンに終結を撃つと、効果b1の1個ぶん基礎ダメにプラス

7T目
ターン開始時に効果b1消滅、効果b1'付与/ターン開始時に効果a2消滅、効果a2'付与/効果b2継続中
終結クール切れ、終結を撃つ(効果3個ぶん基礎ダメにプラス)






まさかのb'バフが存在することの証明ということになります。
従って7T目の基礎ダメージの最大値は、45 + 44*3 = 177
ご覧のとおり自バフのみで2000overのダメージを叩き出す、恐るべきスキルに昇華されてしまいましたとさ。
まあイオップの怒りの340と比べたらさすがにアレだけどさ。

そうでなくても、4・5T目には現仕様での最大ダメージを出せるということなので、
遠距離時、これまでのようにそのターンだけ凌がれるとどうしようもない、みたいなこともなくなります。




なお、最初一回だけじゃね疑惑のあった厳罰ですが

ブルースベース地クラLv.199 スキル実践動画
Dofus Beta 2.10 Cra 199
http://www.youtube.com/watch?v=pIyINH36aIo


普通に二発目にも効果付加されてました。"initial"とは何だったのか。

こちらの動画はバフ状況も見れてわかりやすいですね。
二発目撃った瞬間に厳罰効果が3つも重なってわかりにくいことになってます。
まあ三発目は4つ重なるはずなんでもっとわかりにくいと思いますが。




遠距離砲台として働くなら、武器捨て完全遠距離型地水ビルドが十分アリになってくるレベルな気がします。
これは今のうちにオオシモセットでも作っておくべきか。
  1. 2013/02/21(木) 09:06:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よーわからんクラ2.10β。

各種nerf、装備レシピ変更、ぶっ壊れ性能のトロフィーで久々に阿鼻叫喚なアプデと評判の2.10ですが

策士:(他14クラスは全て何らかの変更が加えられてるのに)変化なし

rogueのrの字もなかった。2.9で大幅なnerf食らったとはいえ、これはこれで寂しい話。




そんなわけで今回は、我がメインクラスたるクラの話です。
ん?策士メインでサブクラじゃなかったのかって?
HAHAHAそんな馬鹿な。足掛け4年かけて育て上げたキャラがサブなわけがないじゃないかHAHAHA。




今回はなんとほとんどの変更が上方修正です。
数々のnerfに耐えてきたクラにようやく希望の光が…というわけで、ひとつひとつ見ていきましょう。




Poisoned Arrow :
•Damage increased at all levels.

毒殺の矢
・全レベルで基礎ダメージが上昇


実は対消費APダメージだけを考慮すると、現状でもかなりの効率を誇る毒殺の矢。
更にダメージが上がるとのことで、PvP等の瞬発火力が必要なシーンでも使い勝手が良くなりそうです。




Bat's Eye :
•The spell now detects invisible objects in its area of effect.

モグラの目
・効果範囲内に感知効果を追加


エヌの生きボックス、エニの沈黙、そしてこのモグラの目に感知効果が追加されることに。
とはいえクールは変わらないため、スラ戦ではこれまで以上に使い所が問われるスキルになりそうです。




Slowdown Arrow :
•The spell is now 4 AP at level 1 to 5.
•The spell is now 1 cast per turn at level 1 to 5.
•Damage has been raised at level 6.

減速の矢
・レベル1から5において消費APが4に(現状5)
・レベル1から5においてターンあたりの使用回数が1回に(現状2回)
・レベル6のダメージが上昇(現状レベル5と同じ;消費APが減るだけ)


範囲AP削りで有名な減速の矢が、ダメージソースとしても有用になる可能性があるようです。
その代償としてLv180未満の水クラが死ぬ、弱体化要素が入ってはいますが
低レベル帯で水メインはまずありえない、ほぼ使う機会はLv6にしている場合しかないと思われるので
純然たる上方修正と捉えておいて良いかと思います。




さて、今回の焦点は残りの2スキル。
終結の矢、及び厳罰の矢
共にイオップの怒りと同様、クール明けのターンに火力がグンと上がる水及び地属性の遠距離スキルです。

なんか文章記述がややこしい上、両者で違う表現がされてますが、多分終結も厳罰もほぼ同じ意味だと思います。
とりあえず少しはわかりやすい終結の方を訳してみると

Atonement Arrow :
•An extra effect has been added: The spell also adds damage to itself 6 turns after being cast.

終結の矢
・現状に加え、スペルダメージを6Tに渡って上昇させる効果を追加





現仕様の終結の矢は、撃った瞬間こんな効果が自分にかかります。

「終結の矢」の基本呪文ダメージ +** (3ターン以内) ※効果a

これ、すっごい分かりにくいというか正直ほとんど表記詐欺なんですが、
実際の挙動では3T経過したターン開始時にこの効果が消え、その直後に
「終結の矢」の基本呪文ダメージ +** (1ターン) ※効果a'
という別の効果がかかる、というものです。

そして恐らく、この現状に加えて

「終結の矢」の基本呪文ダメージ +** (6ターン) ※効果b

こんなのが更に追加されることになるものと思われます。
恐らくを重ねますが、この効果bの性質は効果a'と同等のものと思われます。理由は後述。

さて、この効果bが追加されるとどうなるのか、簡単にフローを追ってみようと思います。


1T目
終結を撃つ(効果なし)
効果a、効果b付与

2・3T目
終結クールタイム
効果a継続中/効果b継続中

4T目
ターン開始時に効果a消滅、効果a'付与/効果b継続中
(このターンに終結を撃った場合、効果a'+効果bのダブルダメージ上昇効果が乗る)

5T目
ターン開始時に効果a'消滅/効果b継続中
(4T目に終結を撃たなかった場合、このターンに終結を撃つと、効果bのダメージ上昇効果が乗る)

6T目
効果b継続中
(4・5T目に終結を撃たなかった場合、このターンに終結を撃つと、効果bのダメージ上昇効果が乗る)

7T目
ターン開始時に効果b消滅


きっとこんな感じ。

つまるところ、現状3Tごとに毎回撃たないとダメージソースとしては役に立たないスキルであるのが、
もう2ターンぶんずらして撃っても基礎ダメージ上昇効果を受けられるようになり、
更に現状のように使った場合、更なるダメージ上昇が見込めるようになるということです。
この挙動は、最近のアプデでよく目にする「戦略性の向上」の一貫なのは恐らく間違いないでしょう。

この際、効果bが効果a'ではなく効果aと同等のものであったとすると、
5・6T目は基礎ダメージ増加効果が何も乗らないということになり、
4T目に終結を撃った場合、7T目に効果a'+効果b(1T目)+効果b(4T目)のトリプル上昇が入るという
現状のまま火力だけを圧倒的に上昇させるだけの意味しかなくなってしまうため、
恐らくこのような仕様ではないものと思われることから、効果bの仕様は効果a'と同等ではないかと。

…タブンネ(・ω<)


動画情報で、βサーバー時点での仕様が判明しました。
詳しくは以下の記事で。

http://reconnu.blog.fc2.com/blog-entry-97.html




Punitive Arrow :
•Base damage has been reduced.
•A second charge turn has been added, 4 turns after the spell initial cast.

厳罰の矢
・基礎ダメージ減少
・最初のスキル使用後、4ターンに渡る第二のチャージターンを追加


前述のとおり、厳罰もクールの違いはあれど同様の挙動じゃないかと思うんですが
問題は終結にはない"initial"の単語。
この単語、過去のチェンジログを見る限り"initial cooldown"など
「最初のターン(だけ)」のような意味の使われ方をされており、
これを鑑みると「厳罰の追加チャージ効果は、1戦闘で最初の1回だけ」ということに…?
いやはや、こればかりはさすがに実際に来てみないと分からんなあ…。

もし厳罰だけ追加チャージが1回制限だとしたら、基礎ダメ減少と相まってかなり地クラsageな感じに…。
確かに地クラの遠距離火力はおぞましいものがありますが、どうなんだろうそこんトコ。


こちらも同様に動画情報により判明。1回だけなんてことはないようです。




まあ厳罰はとりあえず保留するにせよ、地水スキルに全体的に上方修正が入った感じです。
地水をサブで使ってる身としては、そこそこ恩恵が得られそうなアプデでわくわくです。

しかし今回は、他クラスも今まで不遇だった属性の上方修正(&既存メイン属性の弱体化)な感じの様相なので
ここへ来て複数属性推奨の方向に走り始めたのでしょうか…?
限られたSPを割り振ってスキル構成をすることで個性を出すことを推奨しているものと思われますが
JP鯖ですら現状にそぐわないというのに、どうするつもりなんでしょうか…。
正直ここのところのアプデの方向性については、迷走感が否めない気がします。




追記で終結の効果についてぷち検証。


続きを読む
  1. 2013/02/17(日) 10:27:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

実に長かった。

盾100になりました


やっとこさ100になりました。
鉱石をはじめ、いろいろ素材を融通していただいたみなさまに感謝。
これで新トロフィーが来ても安心!だといいな…。




さて、最近ちまちまフリゴクエを進めてます。
現在メインクエ「フリゴストの生存者」のまっさいちゅーでございます。
終わらせたらなんかDボスが鍵をドロップするとかなんとか。楽しみです。

基本的にメインクエの中でシナリオ仕立てのクエがいくつかあり、それを順番に進めるわけですが
そのひとつ「彼は最後に海を選んだ」にて、なかなか凝った仕掛けがありました。
Lv1or2のハーピィレーツに変身し、2マップのミニダンジョンを攻略する。ミニペット聖域みたいなものです。

クエの進行等々は、フリゴストクエ日本語版の大家、ほるなんとかさんのところにお願いするとして
http://eniripsahorumari.blog111.fc2.com/blog-entry-116.html
ここのボスを倒すと、どうやら一限のようですが、こんなアイテムがドロップします。

ルテック箱

海賊船で呪われた宝石とかロマンですね。
しかし、欲に目が眩んだものに振りかかるのは厄災のみとは、昔からの定番です。

超かっこいい称号

現金収入の代わりに呪われてしまいました…が…
これはこれで中二臭くてカッコイイ…たまらん。
できればずっと付けていたいものですが、残念ながら戦闘回数限定のバフ扱いです。
じゃあせめて、その回数が尽きるまでは…!とも思うのですが

その代償は大きい

その代償はとても大きかった。
こんなんでコロになんて出向いた日には総スカンですわ。




なおこのミニダンジョン、クリア後に自動的に入るイベントアイテムがあり、持ってるとダンジョンに入れないのですが
これが丸一日経つと消え、その後であればまた入れるようになるみたいです。
一日一回クエのようなものですね。

クエ進行時は募集chで呼びかけてお手伝いしてもらったのですが、ギミックさえうまく利用できれば
2キャラでもクリアできるかもしれない気になってきたので、また今夜にでも行ってこようと思います。




2/12追記:

睾丸じゃないよ鉄丸だよ

いけました。
なお、箱は出なかった模様。
  1. 2013/02/12(火) 14:30:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドフスで学ぶマルコフ連鎖。

注:「あんまり関係ない話」カテゴリの日記です。いつもの通り門外漢がちょっと調べて考えただけです。
  そのため、内容の正確性はかなり疑わしいものがあります。今回は特に度合いが顕著なので一応前置き。




学生さんは期末テストのシーズンということで、なんやかやあって知人間で出てきた話なんですよ。

[21:05] (/p) ******:誰かマルコフ連鎖を分かりやすく説明して

なにそれ。
なんか話を聞くに、確率とか統計とかの分野の話らしいです。
さあ検索だ。

Wikipedia - マルコフ連鎖
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%95%E9%80%A3%E9%8E%96


マルコフ連鎖とは (マルコフレンサとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%95%E9%80%A3%E9%8E%96





この辺を読んでみて、俺が理解したざっくり説明。

1.なんか時間経過で変わっていくひとつのパラメータがあります。
2.このパラメータは、マルコフ性という性質を持っています。
3.マルコフ性とは、次の状態は、過去の値がいかなるものであろうと、現在の値のみによって決まる、という性質です。
4.このマルコフ性を持つもののうち、連続的ではなく離散的なものがマルコフ連鎖です。
(時間とパラメータを二次元グラフにしたとき、グラフが連続的な線になるのが連続的、断続的な点で示されるのが離散的)




…ざっくりでもわかりにくい。正直何を言ってるのかわからん。
というわけで安心と信頼のドフス脳でいってみましょう。




1vs1のPvP戦闘を想定してください。
時間の軸に各キャラクターのターン、パラメータとして使用するスキルを定義します。
また、スキルは1Tに1回、1スキルしか使用しないものとします。

すると、{【終結の矢】,【投げボンブ】,【モグラの目】,【対角ラッパ】,…}のような連鎖が得られます。
このデータを大量に取り、『スキルaの次のターンの次にスキルbが使われる確率は○○%』というデータベースを作ります。
このデータベースを参照する≒マルコフ性を持つAI同士に対戦させてみましょう。

するとどうなるか。
AIは、直前の相手の使用したスキルのみを見て自分が使うスキルを判断します。

例えば、相手がフェカで【免疫】を使ってきたとき。
自分がエヌであれば、
・【幽霊シャベル】でバフを解除する
射線があるのであれば、恐らくこれが最もポピュラーな選択でしょう。また、
・【解放】【生きシャベル】【アクセル】で相手との距離を取る
・【失策】【審判のシャベル】【時代の力】で相手のMPを削る
・【買収】【早期退職】でターンを飛ばす
など状況に応じてその他することはいろいろありますが、少なくとも【殺人シャベル】【コイン投げ】など
攻撃効果しか持たないスキルは、【免疫】の次のターンに使用される確率が非常に低いでしょう。

このため{【免疫】,【幽霊シャベル】}という連鎖が起こる確率は高く、
逆に{【免疫】,【殺人シャベル】}という連鎖は起こりにくい。
では【幽霊シャベル】の次のターンにフェカが使うスキルは…といった感じで、連鎖になっていきます。




長いこと書きましたが要約すると
ドフスのターンと使用スキルのデータは離散的な確率分布なので

「俺は今○○のスキルを使った。次にお前が□□のスキルを使う確率は50%(キリッ」

これをどんな状況でも言うことができる環境
が『マルコフ性のある確率過程』であるため、
このスキルの連鎖はマルコフ連鎖であるといえる、ということになります。




もちろん実際のPvPでは、1T1スキル1回限定の戦闘だったとしても
・自分と相手の位置やら残りHPやら使用者の癖やら(別パラメータの入力)、
・スキルやバフにはクールタイムがある(過去のパラメータの参照が必要)、
この辺が関わってくるため、ターン/スキルのデータがマルコフ性を持つわけがありません。

上記の話は、その前提の上で「敢えて」「強引に」マルコフ連鎖の例を説明したものとご理解ください。




正直、なんか「マルコフ連鎖わからん」って人が読むと逆に混乱させてしまう文になったと思う。
だが私は謝らない。
  1. 2013/02/10(日) 09:32:47|
  2. あんまり関係ない話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Dofus in 2013。

アチーブメント報酬でコンテンツ消化速度が上がり、ぶっちゃけマンネリ感漂う今日このごろですが…
一昨日辺りにフランスの方で、そして昨日英サイトの方でドフスの2013年のロードマップっぽいのが公開されたようです。

http://www.dofus.com/en/2013




超ざっくり訳

1月:もう過ぎたお
2月:トロフィー70個以上追加するからEP3に備えて強化しといてね☆ミ
3月:あっしらEP3の準備で忙しいんですよ
4月:ハルブルグ伯の5ダンジョン追加すっどー。きっついアチーブ達成でアイスドフス入手できるでー。
5月:5月のハルブルグ伯は指名手配犯を誰も連れてないよん☆(意味不明)
6月:お前たちは無罪ではなくなる(キリッ(同盟戦関係テコ入れ?)
7月:ウルカニア新上位装備追加すんよー。もちろんアチーブメントもあるのよー
8月:ワビット島に新しいボス追加なのです
9月:ごんたとかゾスみたいなユニークメリット付きの新同盟戦場追加?
10月:コロの報酬にマウンティリエとか追加、あと関連アチーブ追加。あとスフォキアになんか追加
11月:12月になんか追加するんで、それまでコロで遊んでてねー
12月:Krosmoz Vigilantesがやってくる!ヤァヤァヤァ!(意味不明)




目玉はなんといっても4月のEP3、そしてその前、今月内に来るらしいトロフィー70種類以上追加…。
クリダメは恐らく追加されるだろうとして、それ以外に70種類も何追加するんだ!という話ですが
身内で出た案としては

・2ステ付く
・1ステめっちゃ高い代わりに他ステ下がる
・ステめっちゃ高い代わりにクリティカルミス増加
・クリ11未満(メジャー8とか)
・職装備の効果1個ぶん(但し装備できるのは一種類だけ)
・侵食ダメージ付与(メジャーで+4%とか)
・トラップダメージ()

2.9の新砂利装備の傾向からすると、マイナス付き大効果トロフィーはまあ来るだろうというのが個人的な感想。
とりあえずいい加減盾100にしよう、うん。




それ以外のアプデ内容については…
6月のは内容次第では楽しめるアップデートになるんじゃないかと思うけど、
またいろいろ非難轟々になるだろうことは想像に難くない。。。

EP3については保留。情報少なすぎるし。
アイスドフスの入手法が気になるところだけど、アチーブで入手ってことはフリゴ収穫でも追加されるのかねえ。




まあトロフィーは本当に今月中に来るなら、近いうちにまた追加情報来るんじゃないかねーと
少し楽しみにしていようと思うのです。
  1. 2013/02/05(火) 02:20:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふしぎの城のヘレン。

ひさしぶりに別ゲーのカテゴリ記事。ドフス以外のお話です。
しばらくやってませんでしたが、ちょっとフリゲー触ってきたのでてきとーに。




ヘレントップ

Title:ふしぎの城のヘレン
配布サイト:http://www.geocities.jp/i_to_may/

ツクール2000製の短編RPGです。
多少の謎解きで詰まなければ、3~5時間程度でクリアできるでしょう。




ヘレン戦闘

なんといっても戦闘がかなり好みのシステム。
すべての戦闘は1対1で、ランダム要素が完全に排除された数値での戦闘です。
持ち物(武器)には「効果」「防御」「行動まで」の値が設定されており、
「行動まで」の値が0になったら行動タイミング、攻撃が行われます。
この攻撃の際、[自分の効果]-[敵の防御]の値ぶんだけ相手にダメージが入ります。
敵の攻撃も同様です。
有名どころで例えると、FF10のCTBに近い感じといえば分かる人は分かるんでしょうか。

例えば

自分:効果20/防御15/行動まで10
相手:効果30/防御5/行動まで15

この場合、「行動まで」が0になったタイミング=相手の「行動まで」が5のときに自分の攻撃タイミングになり
[自分の効果20]-[相手の防御5]= 15 だけ相手のHPが減る、ということになります。
また、この直後に自分の次の行動選択になるため、このタイミングで防御30以上の持ち物を選べば
相手から受けるダメージは0になります。
行動までの値が同値の場合、自分の攻撃が優先の上、相手の行動前に行動選択が入ります。
そういった意味では、かなりプレイヤー有利なシステムになってますね。

防御無視でダメージを与えられるが「行動まで」が長く「防御」0の魔法だったり
「行動まで」が長めだけどHPを回復する魔法だったり(回復量は「効果」依存)
攻撃力が高いけど、攻撃後に自分のHPが減る武器だったり
戦闘では使えないけど、所持していると全持ち物の「効果」が上がるアイテムだったり

いろいろなクセ物アイテムを使って、また相手の攻撃を考えながら戦うシステムになります。
所持数限界は8個なので、状況に応じて倉庫のようなところで持ち替える形です。

相手が大技(効果が大きく、行動までが長い武器)を使った時、相手の防御値によって
こちらも行動までが長い大技を使うか、それとも行動までが短い武器を何度か叩き込む方がダメージが大きいか。
ドフスの多段武器と一撃が大きい武器に対する定数耐性の関係を少しだけ彷彿とするシーンもありました。




ヘレンイベント

シナリオは王道の勇者魔王モノを背景にした外伝ストーリーな感じですが
プロローグも何もなく始まり、なんだかよくわからないまま進んでいく内に
いろんなものがいろいろ発覚していく、よくできた構成になっています。
とりあえず進めてみると面白いよってな風情です。

こういう物語、けっこう好きです。




そんなわけで、俺がちょっと詰まったところいくつかのヒントを書いておこう思います。
以下追記&白抜きです。



続きを読む
  1. 2013/02/02(土) 09:46:03|
  2. 別ゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

れこんぬ

Author:れこんぬ
とりあえずドフスやろか^^

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記 (190)
ドフスひとりじょうず (40)
アップデート情報 (41)
同盟関連 (2)
キャラ語り (5)
昔語り (5)
役立ちそう系 (9)
やりたいこと、できたこと (2)
別ゲー (7)
アニメSAOのレコン (8)
あんまり関係ない話 (6)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示