ぷらぷらドフス日記

MMORPG DOFUSのプレイ日記その他です。purapuraしてます。buraburaしてません。

扇動事件日本語化計画。

まえおき:今回は完全にドフスとは関係ない記事です。

今を去ること一年半ほど前にプレイしたゲーム、Lucid9: Inciting Incident
当時だいぶ気に入って紹介記事まで書いたくらいでした。 →扇動事件。
そのときにちらっと日本語を表示させることはできたので、日本語化に着手してみようかなーどうしようかなーとか書いたわけですが……。

日本語をしゃべるぞおおお(アキラの登場は今のところこのシーンだけです)

ある程度キリのいいところまで形になったので、とりあえずちょっと公開してみようかと思います。

注意点。
非公式です。
翻訳が済んでいるのは1日目だけです。夜が明けると全員英語を喋り始めます。
・これに付随して、2日目以降は予期しない不具合が発生する可能性があります。確認してないけど携帯シーン・ゲームシーンとかまずそう。
・翻訳者の英語力は学校英語レベルです。翻訳が間違っている可能性は高く、正確性は期待しないでください。指摘訂正待ってます
・翻訳は意図的に意訳多めで行っています(日本語として意味が通るようかなり歪めています)。文体も癖が強めだと思います。
・個人環境下での単純プレイでしか動作を確認していないため、PC環境次第で様々な不具合が発生する可能性があります。

以上よろしければ、こちらからパッチファイルをダウンロードしてみてください。
Lucid9: Inciting Incident 非公式日本語化パッチ WIP ver.0.1
導入方法は同梱のreadme.txtを参照です。


ver.0.2公開しました。(4/16)
今後はこっちのサイトの方で更新していく予定です。 →ぱっちぺーじ

ファイルを一個動かすだけでゲームの元データの上書きなどはしないため、何かまずいことがあったら簡単に取り除けるようになっています。

設定画面日本語化

本文翻訳以外にも設定画面を日本語化、また左下の言語オプションからゲーム途中でも日英切り替えができるようにしています。
但しゲームエンジンのバックログ機能が「実際に表示した文章をログに残す」仕様のため、読み進めている途中で言語を切り替えると
特に日→英切替時はフォントの関係もあってログがほぼ表示されなくなります。
このため比べ読みみたいなことはできないので、おまけ機能程度だと思ってください。

言語変更オプションは不具合が多かったので廃止しました。ゴメンネ!



以下、パッチ製作に関するあれこれ。


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/02/21(水) 15:00:00|
  2. 別ゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぺっつ・いん・もーしょん。

アイスうんこやドーナツうんこもあるぞ

Ankamaの新スマートフォンゲームDofus Petsが7月5日に全世界で配信開始されました。
今回は日本もおま国なし、普通にストアからダウンロード・インストールできるぞ!
餌をあげて、遊んで、寝かせて、うんこを掃除して……ペットを育てて進化させよう!という育成ゲームです。
どっかで聞いたことあるって?まあ公式説明に"Tamagotchi-like Game"とか書いてあるから多少はね?

ペットはトフ、シャシャ、そしてブーン(Boon)の3種類。
それぞれが育成の仕方に応じて、6種類の形態に進化。
卵から孵化したBabyからChild→Adult→Matureと三段階に進化して、Matureの状態でしばらくしたら育成完了、引退。
引退したペットは、なんとAnkamaの他のゲームに送ることができるぞ!

ブラクマシャシャさん

ドフスだとこんな感じ。Wakfuも同様にペットとして入手可能。

ブラクマシャシャトロフィー

Krosmagaだとこんな感じ。台座の手前に付けるトロフィーです。台座の方も全三種類あるそうな。

ブラクマシャシャ育成完了

ドフスのペットとしてのステータスは、いずれも既存ペットのどれかが持っているものと同じで、完全新規ステータスのものはなし。
とはいえ、意図的に欲しいステータスのペットを入手できるのはそれなりに便利ですね。
ちょうど障害ペットがほしかったところだったので、こいつを最優先で育ててみました。

ブラクマシャシャホルモン売れた

育成の副産物としてボスからドロップしたホルモン、まさか売れるとは思ってなかったよね……。





ゲーム自体は1日2回くらい適当にいじってたら育ってる、本当にたまごっち染みた育成ゲームなので気軽に遊べます。
課金要素もあるけどアバターのみ、半課金通貨はミニゲームをやってたら自然に溜まっていくレベルなので無料で問題なし。
半課金通貨を使うと無料通貨より効果の大きいアイテム、意図的にパラメータを調整するアイテム、
「リアルが忙しいので一時休止したい」人向けの、完全成長凍結アイテムなどなど、なかなか便利なものを買うことができます。
フレンド登録した相手とミニゲームで競うことができる対戦要素なんかもあったり、コンテンツはそこそこ充実してます。
ゲーム規模にしては起動が遅いこと、無駄に回線速度が要求されることが玉に瑕かな……。

ぶっちゃけ奥深いゲームではないけど、ドフスプレイヤーならとりあえずやってみて損はないかなと思います。
まあ一度遊んでから考えようか! → あんどろ あいぽん



以下、細かいゲームのデータメモとか注意点とか。


続きを読む
  1. 2017/08/20(日) 17:08:10|
  2. 別ゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒スマガ。

あ、あれはニトロプラスが2008年に発売した18禁ADVゲーム!?

スマガ(ADV)

とは一切関係はございません。ご了承ください。





Krosmagaタイトルロゴ
http://www.krosmaga.com/en

Krosmaga -The Krosmoz Card Game-
フランスAnkama社の新作ゲーム。オープンβテストが12月の真ん中くらいに開始しました。
KrosmozってのはDofusやWakfuの世界全体の呼称ですね(ちなみに「12の世界」は惑星名です)。
その前一ヶ月くらい、プレイ権を絞ったクローズドβテストも行われていたのですが、残念ながら参加できなかったので
オープン化=アカウントがあれば誰でもプレイできるようになったのを期に、ちょっとプレイしてみることに。

ゲーム画面全景

ゲーム自体はよくあるカード+ボードゲームです。Ankama版ハースストーンといえばだいたい「あー」と思う人は多いかと。
簡単なルールは毎度おなじみ妄想さんちが書いてくれているので、リンク飛ばして参考にさせてもらおうと思います。

Krosmaga オープンベータですよ - dofus装備を妄想するblog
http://dofusequipment.blog.fc2.com/blog-entry-137.html


要するに、ユニット召喚や呪文カードを駆使して、相手の3つのドフスの内2つを先取した方が勝ち!ってゲームですね。

いんふぃにっとかーず

そんなユニットには、ドフス・ワクフその他いろんなAnkamaキャラが大集合。
映画ドフスのリロット(Lilotte)ジュリス(Julith)、アニメワクフのトリストパン(Percedal)、ゲームドフス・ワクフのドラゴンピッグなどなど
現時点の持ちカードだけでも見覚えのあるキャラがちらほらいますね。

オールレア以上とかいう恐ろしいパック

そういった有名ネームドキャラ以外にも、先祖伝来ツリッターやらグリーンイモ虫やらドールの犠牲やら
各種Ankama媒体に触れているとピンと来るようなカードがたっぷり詰まってます。

ゼロ神にっこり

そもそもゲーム自体が(クラスの)神同士の(お遊びの)争いという設定になっているため
勝ったり負けたりすると選んだ神様がこんな感じのコミカルな表情を出してくれます。が、お前の感情の表し方はおかしい。
ちなみにサクリ神の負けグラフィックは一見の価値ありだと思います。

……まあ、あれだよ。Fate/snに対するFate/GOみたいなもんだよ。キャラいっぱいお祭りゲーだよ。
ストーリーみたいなのは(まだ)ないけど。





Krosmaga is opening its doors!
http://www.dofus.com/en/mmorpg/news/announcements/603020-krosmaga-opening-doors


現在このKrosmagaと他の各Ankamaゲーの間で提携キャンペーンっぽいことが行われており
Krosmagaをある程度プレイすることで

Wakfu→Mystery Cardエモーション
DOFUS Touch→白忍者セット
KROSMASTER→シーズン4パック*1

Dofus↓
デュエル開始の合図をしろ!
Duelistエモーション

が、それぞれ手に入るようになっています。
プレイしたアカウントで各ゲームにログインするともらえるようになっています。

入手条件は、KrosmagaのRanked戦でランク6に達すること。
ランク5までは負けてもランクスコアの低下がないので、丸めると「何度負けてもいいから対人戦で5勝しろ」という条件になります。

4垢ランク6

やりきったよ……4垢ぶんな……。
いや、当初はちょっと触っておしまいにしようと思っていたんですが、いざやってみるとなかなか面白くてですね。
それでどうせなら景品もらえるまでやっちまえ!と勢いでやってしまいました。
2垢目で8連敗したときはさすがにやめようかと思いましたが、なんとか乗り切りました。頑張った俺。





パックさまがみてる

こういう目の付いたパック(Shushu)をパーンすることで、1パックにつき5枚のカードがランダムで手に入ります。
パックは3種類、ゴールド・シルバー・ブロンズがあって、高価なパックからはよりレアなカードが確定で1枚出る感じのアレです。
で、そのパックはイベントだったりデイリールーレットで当たったりで手に入れるのですが、常設の入手手段として購入があります。
購入するために必要になるのは、毎度おなじみゲーム内通貨Kama(s)。

カマ買うよ!

そしてそのKamaは現金購入もしくはOgrine購入という、Ankamaゲームプレイヤーにはお馴染みの手法です。
※Ogrine購入の選択肢は1Ogrineも持っていないと出てこないので注意
つまり、ドフスマネーをKama Exchangeで崩してOgrineに替え、こちらのカマにしてじゃぶじゃぶ使うことも可能であるということです。
さらっとドフス2MちょっとKamas→3180Ogrines→530Kamasで買ってみましたとさ。

現役ドフスプレイヤーでちょっと遊んでみたいって人は、初期投資でちょっとカマを溶かしておくと多少快適になるかもしれません。
ちなみにRare確定のブロンズは60Kamas、Krosmic確定のシルバーは120Kamas、Infinite確定のゴールドは300Kamasです。





現時点ではβテストでまだまだコンテンツも少ない……というか、ぶっちゃけ登録して対戦する以外のコンテンツがないのですが
今後なんかトーナメントだのアリーナだのダンジョンだのいろいろ追加されていくらしいので、楽しみにしていたいところです。
  1. 2017/01/11(水) 07:55:20|
  2. 別ゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

扇動事件。

久しぶりにドフス以外のゲームのお話。
カテゴリ「別ゲー」での記事投稿は実に3年ぶりになります。

たいとるがめん

今回紹介するゲームはこれ【Lucid9: Inciting Incident】。
同人サークル(?)Fallen Snow Studiosによって作られたビジュアルノベルゲームです。
Steamで無料公開されています。
http://store.steampowered.com/app/439940/?l=japanese

ビジュアルノベルという単語、聞き覚えのある人ならすぐわかると思いますが
早い話がいわゆる紙芝居ゲー、ギャルゲーとか乙女ゲーとかテニスの王子様ドキサバみたいな文章を読み進めるゲームです。
このLucid9は男主人公視点でヒロインいっぱい、つまりギャルゲーに分類されるものになります。

今でこそドフスのプロ市民と呼ばれるほどドフスに傾倒してしまった私ですが、もともとエロゲ・ギャルゲ沼の人間でした。
某所で上がっていた簡単な紹介記事を見て久しぶりに原点(?)に立ち返ろうと思い、プレイしてみることに。

英語ギャルゲーです

……まあ全編英語なんだけどな!

というわけで、刺さる人がどこにもいない気がする日本人によるLucid9紹介記事、はじまります。


続きを読む
  1. 2016/08/10(水) 18:08:41|
  2. 別ゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

れこんぬ

Author:れこんぬ
とりあえずドフスやろか^^

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記 (196)
ドフスひとりじょうず (40)
アップデート情報 (41)
同盟関連 (2)
キャラ語り (5)
昔語り (5)
役立ちそう系 (9)
やりたいこと、できたこと (2)
別ゲー (8)
アニメSAOのレコン (8)
あんまり関係ない話 (6)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示