ぷらぷらドフス日記

MMORPG DOFUSのプレイ日記その他です。purapuraしてます。buraburaしてません。

英語は基本。

あけました2018

あけました。既に一ヶ月くらい経ってますがキニシナイ!
なお返事はなかった模様。

おとしだまありがとう

あ、お年玉おいしかったです。





何やら今年は例年にない大寒波だとかで、しばらくホント寒いですね。
うちでは基本的に部屋全体を暖める系の暖房を使わないので、この時期は手がかじかんでマウス操作の精度が下がります。
ドフスはあれでいて意外とマウス精度をそこそこ要求されるので、自然とログイン時間も下がってゆき……

文芸部に入部しました

その間に文芸部に入部したりしてました。
Doki Doki Literature Club!、Steamアワード2017にもノミネートされた一部界隈で話題のギャルゲーです。全編英語です。
いやさ、ギャルゲー系のゲームってひざ掛けの中にマウス突っ込んでクリックしてたら進められるからちょうどよくてさ?

ちなみにやるなら日の高い時間にプレイ推奨です。
夜中に遊んでいたところ、Discordで俺のプレイ中アイコンを見た外人(ドフスのフレンド)が
「今って日本時間だと深夜だろ?こんな時間にそれプレイするなんて勇気あるよお前」みたいなことを言ってきました。
つまりそういうゲームです。興味を持った方はお気をつけください。





お犬さまと一緒

さて、いい加減2.45新クエストあたりにも手を付けていこうと思いまして、とりあえず主要クエストライン「The Brotherhood of the Forgotten」に着手。
この犬ペットはアチーブメント報酬で、オウギナック寺院のマスターJalcasのペットだか何だかそういうアレです。
育てきるとクリティカルが16も付くとかいう話ですが、どうも今はバグでそこまで育たないとかなんとか?
ステータスとしてはだいぶ有用なので、いずれ折を見て育てたいですね。

理想主義者おろぽん

このクエストライン、去年秋にフランスで放映されたアニメWakfu第三期に関連するシナリオで、最後にアニメの敵方ボスであるOropoが登場します。
The Brotherhood of the Forgottenというのは敵組織の名前で、各クラス神の息子・娘たちで構成されている通称「半神同盟」です。
去年4月に実装されたNimaltopiaにいるMishellなんかもその一員で、彼女はオサモダスの半神です。
エカの半神ケルビムやフェカの半神オトマイなどは、勧誘はされたものの参加はしていないみたいですね。

攻略はNoobsさんちあたりを参考に。それなりに装備が揃っていたら難度は低めだし、そんなに長くもないです。
他のクエストラインにない特徴として、一番最初にレベル40のダンジョンに行く以外の全ての戦闘が単独戦闘、相棒や味方が参戦できない戦闘になります。
この戦闘では、敵のレベルがキャラクターレベルに合ったレベルになります。要するにドップルみたいな感じ。
このためレベルに見合った装備さえ揃っていたら、1アカウントで最後まで進められます。
前述の通りアニメに絡んでいるお話なので、そちらに興味のある人なんかは進めてみるといいかもしれません。





といっても、クエストを進めたところで会話は全部英語なんでしょ?というプレイヤーさんに朗報(?)
世の中の技術は進歩しているもので、画面に表示された文字を自動的に翻訳してくれるツールがあることを最近知ったのでご紹介。

STEAM グループ ゲーム画面機械翻訳支援ツール
https://steamcommunity.com/groups/jpsctrans


1.コピーできないテキストであっても、画面に表示されている文章を範囲選択すると自動的にその文字を読み取るツール

2.読み取った文字を翻訳するツール

3.(翻訳後の)文章を読み上げるツール

の三段階で、ゲーム画面の英文を自動的に和訳して読み上げてくれる環境をそこそこ手軽に作れます。
サイトに各段階で使うツールがそれぞれ何種類ずつか紹介されていますが、いろいろ試した結果うちでは

1.Capture2Text(以下C2T)
2.GameScreenTranslator(以下GST)
3.棒読みちゃん

の組み合わせを使うことにしました。
全部無料です。本当にありがたい時代になった。

画面テキスト翻訳→読み上げ

全部インストール後に起動して、C2Tの起動ショートカット(デフォルトだとWin+Q)で画面を読み取るとこんな感じになります。
文章自体はちゃんと読み取れているものの、エクスクラメーションマークがバーティカルバーになっていたりと流石に多少の誤差は出ますね。

ちなみに見ての通り(設定次第では)C2Tだけで翻訳までやってくれるのですが、残念ながらこっちの翻訳は読み上げてくれません。
ついでにどうもC2TとGSTでは使っている翻訳エンジンが別物のようで、翻訳結果が結構異なっていたりします。
逆に言うとそれらを比較して正確な訳を検討できるので、うちでは両方表示させています。

うちで使っているC2Tの設定は以下の通り。
・Output > Save to clipboard : チェック (GSTを使う場合は必須)
・Output > Show popup window : チェック (外すと窓が出なくなる)
・Output > Keep lines breaks : チェック外す (入れると画面に表示された通りに改行されて、だいたい訳がおかしくなる)
・Translate > Append translation to clipboard : チェック外す (入れるとGSTに要らない文章が送られてしまう)
・Translate > Show translation in popup window : チェック (外すと窓に翻訳が表示されない)
・Translate > Translate To : 全部Japaneseに設定 (OCR Language Japaneseの項目以外)
・Speech > Enable Text-to-speech : チェック外す (入れると原文が読み上げられる)

この状態で、C2Tの起動ショートカットをマウスのサイドボタンに設定してすぐ使えるようにしています。
ショートカットはHotleys > Start OCR Captureで任意に設定可能なので、うちのようにサイドボタンでWinキーが使えなかったりしたら変えましょう。
ちなみにギャルゲー類でだいたい文章早送り機能に設定されているCtrlキーは使わない方が吉です。

使用時の注意点として
・英語以外にも6ヶ国語に対応しているものの、随時タスクトレイアイコンを右クリック→OCR Languageから言語を変更する必要あり
・GSTの翻訳は割と不具合多め(クエスチョンマークがあると文末と判断されてそれ以降の文章が翻訳されない、など)
・GST起動中はクリップボードに送られた(=コピーした)テキストが全てGSTに持って行かれて消えてしまう(貼り付けできない)
・棒読みちゃんがタスクトレイにしまわれている状態(設定で変更可能)だと読み上げてくれない
みたいなものがあるので、特にGSTは使う時以外は起動しておかないことを勧めます。

このツールと環境があれば、ドフスのクエストだろうと、ドキドキ文芸部だろうと読み進められる(かも)!
というわけで軽いおすすめでした。
スポンサーサイト
  1. 2018/01/26(金) 01:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリー新世界。

さよならドップル

それなりにかわいかったコンチクショウたちと会えなくなって20日くらいが経ちました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。僕は

呪文インターフェース編集

呪文インターフェースのスキンをいじったり(←半デフォ →編集後)

レベルアップ画面

レベルアップ画面を調整したり(←半不具合 →修正後)していました。
今回のアプデ、ファイル名そのまま別ファイルに差し替えのパターンが多くて、気づかないところで表示不具合が出るケースが多発してな……。
途中でWinMergeのファイル・フォルダ比較機能に気がついて、それで機械的に検出したので今は見落としはない……はず。





というわけで、いつものアプデ前滑り込みプレイングの報告になります。

たるきー2人組
イリザエル自由2人組

前の日記で言ってた残りの2人組、Tal KashaとIllyzaelleをクラ策士で達成してきました。
たるきーの方は5戦であっさり勝利。クラが足削りと位置操作で敵を固めたところを策士が殴る、戦略もあったもんじゃないガチンコ勝負でした。



いりーさんの方は動画でぽん。なんと5日121戦かかりました。しかし自由(MP・RAを削らない)も同時達成できたので満足。
行動選択の迷い方でわかるかと思いますが、6ターン目くらいまでは完全にパターンを組み上げています。
しかもAPMPの削れ方や敵の逃げる方向のランダム性でそこまでに5種類くらい行動分岐があり、全ケースで最適化していった形です。
9T目はもともとボットでボスの位置を調整して、動画の通り策士にギリギリ攻撃できない位置でターンエンドさせる予定だったのですが
運良く動かさなくてもそうなる位置だったのでボットを温存でき、結果11T目にボットを使って生き残ることのできた、ラッキーパターンでした。

16000オーナメント取得!

そのあとさらっとクジラの像をやって、スコア16000のオーナメントを取得。
スコア系オーナメントはゲームプレイ状況の指標としてわかりやすいのがいいですね。





そんな感じでアプデ前に頑張りすぎたのもあってか、アプデが来てからはどうも新ダンジョンやクエストの攻略には目が行かず
長い長いチェンジログの翻訳をしたり、冒頭のようにスキンいじりをしたり、あとは新呪文の検証をしたりのんびり遊んでいました。

ステリセ期限

アプデから二週間ステリセが無料で何度でもできたのが、検証に際してだいぶありがたかったですね。
ちなみに体力回復オーブを持っていたらステータス画面のこのボタンからどこでもステリセできます。わざわざ寺院に行く必要はないぞ!

呪文はアプデ後も毎週のメンテでちょこちょこ修正はされているものの

Comme vous l’aurez remarqué, il n’y a pas vraiment eu d’équilibrage sur les variantes depuis leur sortie. Et comme certains s’en sont déjà doutés, je vous informe qu’il n’y en a pas de prévu avant janvier 2018.
Variant呪文のバランシングを(本実装以降)まったく行っていないことにお気づきだと思うが、我々は今年中にそれをする予定はない(意訳)

とのこと。
つまり、少なくとも2018年になるまではそこまで大きくバリアントの呪文がいじられることはありません。
なので、呪文効果ががらっと変わって徒労に……みたいなことはしばらくないのでご安心。

ばかでかボンブ

ボンブがここまででかくなるのは結構ヤバいと思う(小並感)。
バリアントでコンボダメージを増やす呪文が増え、今までより更に+100%できるようになってこんなことに。
うちの風策士でこれを爆破させると、カカシに対して3000ダメージを超えます。

すとらいきんぐあろー

個人的にだいぶ壊れ性能だなーと思うのがこちら、減速の矢のバリアントStriking Arrow。
痙攣の矢と同じAP2水属性小ダメージの攻撃……と思いきや、追加効果がだいぶエグい。
攻撃した対象のターンエンド時、その周囲2マス円形範囲(対象は含まない)に対してダメージとAP奪取が行われるのですが
このAP奪取量が3、ダメージは検証した結果基本ダメージ19~23だということが発覚しました。
それだけならちょっと使い勝手の悪い範囲攻撃なのですが、そこに更に
・追加攻撃は1タゲにつき2回まで発生
・AP奪取の重複回数制限なし
・味方を攻撃すると最初の直接ダメージは与えてしまうものの、ターンエンドで追加攻撃は発生する
以上の性質を考慮し、更にTactical Beacon(消費AP1、パワフル・ショットのバリアント)とRecall Beacon(消費AP2、クリティカル・ショットのバリアント)を併用すると

初ターンAP0

AP11(ビーコン召喚1+ビーコン召喚2+Striking2*4)を消費して、範囲攻撃4連打+AP12削り、これが1T目から可能です。
策士のAPが11から0になっているのがご覧いただけるでしょうか。
残念ながらビーコンはどちらも2Tに1回しか出せないので毎ターンはできませんが、それでも充分すぎるほどの実用域です。
もちろん複数クラが味方に居たらそれぞれ独立してAP削りができます(但し1タゲに対しては全クラ合計2回上限なので注意)。

※1/9のパッチでAP奪取の重複が1回制限になったので、過剰な奪取はできなくなりました。攻撃回数・ダメージは今のところそのままです。

たぶん他にもまだまだおもしろ性能の呪文が眠っていると思うので、年末年始は自クラスの呪文をいろいろ試してみてはいかがでしょうか。





ところで毎月恒例の盾イベントことDungeon Rusher、今月は父ホアッパーで期間は23~24日だったのですが
初日23日に倒してもドロップしなかったんですよね。
ドロップしねーぞーって他の人のコメントもフォーラムにあったので、たぶん設定ミスか何かだと思います。

ホアッパー盾イベ

今日(24日)行ったらドロップしたので一安心ですが、取り逃してる人は多そう……。
期間はサーバー時間24日23:59まで、日本時間で25日の8時まで。間に合うようであれば、性夜はホアッパーをしばきに行きましょう。
  1. 2017/12/24(日) 15:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備えよ変異。

低レベルソロコロ

前回やらないとか書きましたが、結局ソロアカウントサーバーでちょろっと遊んできました。
低レベルで使える呪文・行動が限られる中での1v1コロッシュウム、その昔のヘッドハンターを思い出しましたね。
一手が大きな差になるので、より最善に近い行動を取った方が勝つ、シビアな戦闘は楽しいものです。

それだけでなく、いろんな面で最初期の頃のドフスを思い出して懐かしいやら面白いやら悲しいやら。
もちろん最初から盾があったり魔術ができたりと違う点も多いですが、なんというか「あの頃のドフス」の空気が感じられたんですよね。
そりゃある程度まで育ったらルーチンワークが始まって、それで育った先に今のドフスがあるわけですが
ちょこっといじるぶんには面白い環境だと思いました。もちろん本腰を入れてやるのも楽しいと思います。

……まあ、どこのサーバーに行っても8割はフランス人なんだけどな!





2.45ログイン画面

さて、そんなわけでいよいよ年末の大アップデート2.45が迫ってきました。
現在βサーバーで絶賛テスト中、長らく伏せられていた新システムの数々が白日の下に晒されました。
今回はそんなアップデートの情報を改めておさらいしつつ、本実装に備えようという準備記事になります。





まずは去年の12月に実装予定だったものが見事一年延期された呪文システムの大変更、Spell Variant。
個人的にいろんなところで「呪文変異」とか「変異呪文」とか呼んできていますが、最近はもう「バリアント」でいいかなって思い始めてます。
まあ名詞なんてのは指す対象がわかればいいのさ!

そんなバリアントですが、全クラスの全呪文が二倍に増えるよ!という恐ろしいコンテンツです。

バリアント呪文画面

呪文インターフェースがこんな感じになります。もとの21呪文(左列)の隣に、更に21呪文(右列)が増えていますね。
この隣り合った呪文は表裏一体、これがバリアント(変異)の呪文になります。
事前にどちらの呪文を使うかを選択し、戦闘では選んだ方の呪文だけが使え、選ばなかった方は使えなくなります。
これは戦闘中でなければ変え放題、自分がその時に使いやすい呪文を自由に選べるようになっています。

ポータルバリアント

いくつかタイプ別にバリアントの例を挙げてみましょう。
まず、単純に元の呪文のバリエーションのタイプ。
エリオのPortalのバリアントRigit Portalはポータルを設置する呪文であることは変わらないのですが
RAが2広がり、障害無視で置けるようになる代わりに消費APが増え、1ターン1個しか置けない。
基本効果は同じだけど、メリット・デメリットが異なるというバリアントです。

同じタイプとしては、スチーマーのターレット。召喚設置するのは同じですが、効果がAP奪取やMP奪取になっています。

吸収バリアント

続いて、ギミックが変わるタイプ。
クラの吸収の矢のバリアントDevouring Arrowは風属性の攻撃呪文という点は変わりませんが
敵に対して使った時にはダメージは入らず、その後その敵以外にもう一度呪文を使うとダメージが発生するという変則的な攻撃です。
基本ダメージは大きいのですが、ダメージを与えるのに最低AP10の消費が必要という非常に重いギミックになっています。
※11/30のパッチでギミックそのまま消費APが3に低下、基本ダメージも相応に下がりました

同じタイプとしては、策士の各種ボンブ。ボンブを召喚するのではなくトラップとして設置し、次のターン開始時にボンブが生成されます。

脅迫バリアント

もちろんギミックだけでなく、属性も変わるタイプもあります。
イオの脅迫のバリアントThreatは水属性攻撃です。ついに水イオップが誕生しました。
距離こそ短いものの攻撃した敵を誘引し、更に自分に盾を付与するタンク型の性能になっています。

同じタイプとして、Huppermageの攻撃呪文はほとんどが属性変更です。これによって使う属性を偏らせることができます。

恐怖バリアント

そして完全に別物の呪文になるタイプも。
エニの恐怖のおまじないのバリアントSeductive Wordは、元のプッシュの面影がまったくのない範囲攻撃+召喚。
地属性の範囲攻撃を行いつつ出た召喚は割と高いHPを持ち、この召喚を殴ると殴ったダメージだけ回復するという効果です。
もちろん回復効果は敵にも利用されてしまいますが、召喚に刺激のおまじないを使うと即死させることができます。

このような感じでだいたい各クラス1個以上、固有の召喚を出せるバリアントが追加されています。
ゾバルは永続で本体とダメージをシェアする召喚を出せたり、使い方次第で強力なものも多いです。

ちなみにいずれも現時点でのβサーバーの呪文効果であって、本実装までに変更される可能性があります。
あくまで参考ってことでひとつ。





さてそんなスペルバリアント、一番最初に情報の出た去年12月時点で最もプレイヤーに忌避されたものが呪文巻物の廃止です。
呪文インターフェースの画像を見るとわかるかもしれませんが、バリアントでない方の呪文はこれまでの6ランクから3ランクに減少。
キャラクターレベルに応じてすべての呪文ランクが自動的に上がり、下げることはできないようになっています。
バリアントの方はレベル101以降だいたい5レベルごとに習得していく形で、こちらはランク1で固定です。

これにより、呪文巻物と呪文ポイントというシステムがゲームから消え去ります。
レベル200のキャラクターであれば、すべての呪文を最高パフォーマンスで使えるようになるわけです。

現在キャラクターに入っている呪文ポイント及び所持している呪文巻物は、アップデート時に1ポイント1000コロッシュウムコインに自動変換されるようです。
コインをまとめておきたい場合は、事前に複数キャラクターのポイントを呪文巻物化して1キャラクターにまとめておくといいでしょう。

その他バリアントに付随する変更点。

・前述の水イオップに代表されるように、バリアントを介して全クラスが4属性を使えるようになる
・寺院のドップロンで購入習得する呪文はなくなり、全部の呪文をレベルアップで習得するようになる
・解放、タルトなどの共通呪文は今までと同じように使え、呪文ランクは1で固定、性能は現ランク6のものになる
・現状22個めの呪文であるドップル召喚は完全廃止(前述の固有召喚が多いのはその代替という意味もあると思われる)
・基本呪文の性能の方も結構いろいろ変更

呪文の種類が二倍になる≒クラスが二倍になる→あらゆる戦闘コンテンツのバランスが完全刷新される、ということはもちろん、
「○○のクラスなら✕✕ができる」というこれまでの常識が覆るわけで、バリアント以後のドフスは本当の意味で別ゲーになります。
アップデート後はまた新しい気持ちでゲームを遊ぶことになるでしょう。

つまりみんな横並び、理解と応用の早いプレイヤーからわからん殺しで遊べる。そう、復帰するなら今です(宣伝)。





おめがれべるあっぷ

続いて、200レベルの先のレベル、Omega Level。
レベル200以降、経験値を獲得するとこのオメガレベルが上がっていきます。
画像はレベルアップ時に表示されるものですが、自分のクラスの神がレベルアップを大々的に祝ってくれます。 ※神のいないmageを除く
オメガレベルに上限はなく、経験値を稼げば稼いだだけ無限に上げられる、終わりのないコンテンツとなっています。

オメガレベルが1上がると
・持てる最大ポッズが5増加
・マーケット出品枠が1増加
・露天出品枠が1増加
更に25レベルごとに固有のオーナメントやオーラを得られるようになっています。(今のところオメガレベル475まで確認済み)
ちなみにオメガレベル150→151くらいでだいたい通常のレベル190→191くらいの経験値が必要になります。
なお、いずれの報酬も戦闘でのキャラクター性能には影響しないもので、今後もそのような方向性は予定されていないとのことです。

現時点でレベル200以降に稼いだ経験値はそのまま減衰なしでオメガレベル用の経験値として反映されるのでご安心あれ。
自分がオメガレベルいくつになるかは本実装をお楽しみに、といったところです。

ただ、ぶっちゃけそこまでプレイヤーにメリットのあるコンテンツではないので、あくまでなんとなく経験値が無駄にならなくなったーくらいの扱いで良いと思います。





その他大小いろいろと変更が入るので、めぼしい変更点を羅列していこうと思います。

・モンスターのアクティブシステムの変更
アクティブモンスターの近くで3秒立ち止まると戦闘開始するというシステムに
走り抜ければぶつかっても戦闘にはならない
但し、立ち止まっているとアクティブモンスターはプレイヤーの方に寄ってきて攻撃してくる
これにより、放置中や素材の採集中に攻撃を受ける可能性がある
マップ切り替えやワープした場合、歩かなければ1分間攻撃されることはない
NPCとの会話中はアクティブにならず、また歩かない限りアクティブを無効にするアイテムが追加される
この影響を受け、宝探しの4倍エリアを廃止(村2倍はそのまま)

・アカウント間アチーブメント共有
アチーブメントウインドウで、アカウント全体で達成したアチーブメントを見れるようになる
あくまで表示だけなので、別キャラでそれぞれアチーブメントを達成して、それらの総合アチーブメントを達成することはできない
「モンスター」「ダンジョン」「イベント」のアチーブメント報酬は1アカウントにつき1回だけになる=同垢別キャラのアチーブで素材を稼げなくなる
→該当アチーブメントの報酬を残している場合はアップデート前に受け取っておいたほうがいいかも

・タクティクスモードのエリア固有化
戦闘時のタクティクスモードはエリアごとに違ったデザインになる
元の共通デザインを使うオプションもある

・金魚の活力ボーナス削除
現在Seemyoolすべてに付いている活力100はなくなる

・鍵束リセット時間の変更
これまでの「使ってから1週間経過でリセット」から「一括でサーバー時間火曜日の7時にリセット」に変更

・新魔術ルーン
弱ヒーリングルーン、弱耐性ルーン(定数)が追加

・サクリエール寺院がお引っ越し
エヌ寺院の2マップ左に移動

・新ドフス
プッシュ耐性ドフス
装備効果:プッシュバック耐性60
パッシブ効果:敵から動かされるたびに盾150(重複無限)を得る、味方から受けた移動では発動しない

他にもこまごま変更があるので、詳細は本実装後にまたアプデWikiの方でまとめる予定です。乞うご期待。





最後に告知、2.45実装後に各呪文データをまとめようと思っています。
入力用のスプレッドシートを用意して、それをもとに新日本語Wikiにまとめていこうと思うので、お時間ある方はお手伝いくださると助かります。
詳細はまたここで記事として上げると思います。こちらも乞うご期待~。
  1. 2017/11/24(金) 23:35:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光に耐えて。

8月末に公開されたGamakna#3で、今年の12月に呪文変異(Spell Variant)が実装されることが確定してから徐々に情報が出てきています。
レベル200以後、すべてのクラス呪文が2種類の性能を持つようになり、事前にどちらか選んで使うようになるというものです。
最近では主に公式ツイッターアカウントでちょいちょい動画として上がっていて、いくつかのクラス呪文の予想が立っています。
・クラ、炎の矢→縦ではなく横範囲に
・エカ、吉凶→自傷ダメージがない代わりに奇数距離の対象を回復、偶数距離の対象にダメージ
・エニ、再活性化のおまじない→単体攻撃化?、ラピーノに向けて使うとラピーノ回復、ラピーノ中心十字の敵にダメージ
詳細はなく動画を見ての予想なので効果は正確ではないと思いますが、なかなかトリッキーに変化してくるようです。

擬似的にクラス数が二倍に増えるようなものなので、各種ゲームバランスが大幅に変動すると思われますが
そのぶんまた新しいゲームを遊ぶ感覚で新鮮に楽しめるんじゃないかと期待しています。
一年も実装延期したんだし、たっぷり遊ばせてほしいね!





目標ポインヨ15919

そんな大きなアップデートを前に、いよいよ残るゲームコンテンツも少なくなってきました。
6月の高レベルダンジョン緩和でだいぶ埋まったアチーブメントは天井が見えてきているレベルです。
まあブリーダー関係がほぼ手付かず、かつやる気もないので、天井に手を伸ばす気はないのですが。

クジラ2人組

とりあえず2人組をできるとこはやりたいですね。
クジラクジラと呼ばれてはいますが、ボスのProtoz'orrorさんはクジラの体内に巣食っている病原菌の本体です。
あのクジラ自体はKideebomといいます。ほぼ知られてないけど。

なんとかクラ策士で成功、ボスの処理はひたすら足を削って直線を外しながら5回変色10Tがんばるだけでしたが
耐久性能に乏しいってレベルじゃないこの2クラスでの最大の敵は連続5T隣接が要求されるVerminoculate。
5T目に倒せるため、ターン開始→攻撃を受けるのは4T4回だけなので、1キャラ2ターンずつ担当してなんとかしたわけですが
クジラの足削りに必要なMP奪取+召喚を倒す火力を維持するためには耐性や活力にリソースを割く余裕はありません。
……はい、つまりアイボリードフス起用ですね。ほんまアイボリーさまさまやで!
それでもギリギリ死ぬことがあったため、双方Watchers装備+4T目にお返し御免をかけて被弾を1発だけにする工夫も加えました。
あとはボスの足を削れるかどうかの運ゲー。だいたい30戦くらいかかりました。
アイボリー・Watchers装備前提でどこまでMP奪取を上げられるかの勝負みたいなところがありました。最終的に203確保したはず。

これでクラがやっていない2人組(3人組)はTal KashaとIlyzaelleの新しめ2ボスのみ。
たるきーは頑張ればクラ策士でいけるんじゃないかなーと思うのでいずれ頑張ってみたいです。
イリザエルはどうなんだろうな……。ダメージまわりを細かく管理できない、脳内攻略がしづらいボスなのが難しいです。





前回の日記で対人装備がないからコロでアイボリーが使えない云々言っていたので、とりあえず作ってみました。

クリ耐性317爆誕

クリ耐性特化型地>水>火装備。マントは称賛です。
クリ耐性を317積んでアイボリーを付け、敵にクリティカルショットを撒いて耐える謎のクラになりました。
ダガー装備条件のためにメジャーからかい好きを付けていますが、運200振りならそのまま装備できるので本来はDokokoです。 →ぷらんなー

囲まれて耐えるクラ

「ちきしょう!俺ってこんなに弱かったのか!」
「いや、俺たちどっちもだな」
「なんだよこのクリ耐性!?」
地クラの破壊の矢、ノンマフックロクラのStrange Wandを受けても被ダメ100未満に抑える謎耐性です。硬すぎる。
でもクリが出ない系武器は勘弁な!素の耐性はそこまで高くないぞ!

リロールAPMP

ちなみにリングにAPMPを付けています。
最低限の性能を確保した上でのリロール魔術なのでステータスはガッタガタですが、まあちょっと遊ぶくらいなら問題なし。
ちなみにこの装備だと称賛+金魚+MP魔術でMPが7になるのでMP魔術は不要ですが、そこはバリエーションを考えての心の余裕。
火>地>水属性寄せ →ぷらんなー
セット効果をQoTのみにして制限トロフィー使用、盾の近接遠距耐性離を反転 →ぷらんなー
あたりは手持ち装備で組んで使えるので、最終的には現状まともな対人装備を揃えていないエリオ用にでもしようかと思っています。
あんまりクラス的なシナジーがないのは考えどころですが。





エリオといえば

あびさる3・4垢目

やっぱり4垢ぶんほしいなーと思う機会がちょいちょいあるので、エリオとイオでAbyssal(と、ついでにWatchers)を取ってきました。
あびさるに関してはなんだかんだ半分くらい終わっていたので、やろうと決めてから1日で取ってしまいました。やればできる。
このままふんわりも取ってしまうか、もしくは関係クエがだいぶ進んでいるエリオイオ裏のエニスラでもう2個Abyssalを取るか。
やろうと思えば残っているコンテンツなんてまだまだいくらでもあるんだっぜだっぜ。





シャシャマウント

スマホアプリDofus Petsからドフスにペットを送れることは以前記事に書きましたが、ついにマウンティリエまで入手できました。
このシャシャマウンティリエJumbow Meowは、6種類のシャシャを育てきることで入手できるようになるものです。
まともにやるとだいたい2~3ヶ月かかる感じですね。よくここまで続けたもんだぜ。

トフとBoonは手付かず(こちらもマウンティリエあり)ですし、9月に新ペット種類のGodronも追加されたので
スマホでのペット育成生活はまだまだ終わりそうにありません。
というかブラクマGodronがクリ耐性ペットなので、クリ耐性装備用に最優先で育てる予定です。はやくほしいです。はよはよ。





とか言ってる間に昨日10/17にアップデート2.44が来ていました。
ゲームコンテンツの変更点がウィークリーパッチレベルのマイナーアップデートなのですが、
期間限定使い放題の体力回復オーブが登場したり、複垢禁止サーバーが実装されたりと、コンテンツ外での変更がいくつかありました。

1315人待機

ちなみに複垢禁止サーバーは運営側の想定を遥かに超える需要があったようで、接続障害どころかログインサーバーが落ちる事態になりました。
結果、当初1つだけの予定だったサーバーの数があれよあれよと増え、半日経った頃には4、翌日には5サーバーになりました。
Ilyzaelle、Fraktal、Dramak、Lacrima、 Nevarkがそれです。
これらのサーバー間でのキャラクター移動は無料でできるようになるみたいです。
新鮮に、かつ単垢でのんびり遊びたいって人はこれらのサーバーで始めてみてもいいんじゃないかと思います。
僕は今のところ手を出すつもりはないです。

ドロップ二倍(表示だけ)

それらとはまったく関係ない、アップデート恒例の謎バグ。
なぜかドロップアイテムの数が二倍で表示されていました。実際に入手できているアイテムは通常通りの数です。
ちなみに実装から数時間後に修正されたようです。

そんなわけで12月のアップデートを楽しみに2ヶ月ほど過ごしていこうと思います。のんびりとな!
  1. 2017/10/18(水) 17:17:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

れこんぬ

Author:れこんぬ
とりあえずドフスやろか^^

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記 (194)
ドフスひとりじょうず (40)
アップデート情報 (41)
同盟関連 (2)
キャラ語り (5)
昔語り (5)
役立ちそう系 (9)
やりたいこと、できたこと (2)
別ゲー (8)
アニメSAOのレコン (8)
あんまり関係ない話 (6)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示